エラ削り整形で小顔を手にして輪郭美人になれる

小顔は永遠の女性の憧れです。ダイエットで顔周りの肉を落としても、小顔にならないという悩みを持つ方もいるはずです。生まれながらにエラが張った顔もその一つと言えます。エラが張った顔は、見た目の大きさだけではなく、男性ぽい強いイメージにもつながります。最近ではその悩みを解消する為に『エラ削り』という整形が主流となってきています。その名前の通り、エラの骨を削る整形となります。エラ張りを解消する方法としてボトックスという施術もありますが、そちらに比べエラ削りは、半永久的に効果があります。手術の傷後が気になる所ですが、口の中で手術を行う為、顔面に後は残りません。変化は横顔を見ると一目瞭然です。加えて印象も、男性ぽい強いイメージから、優しい印象に変化します。術後は角張ったエラが消え、自身でもはっきりと小顔が実感できます。

エラ削りなどの整形について

最近では、美容に関しての情報をテレビ番組や雑誌を通して目にすることがとても多いような気がしています。女性にとっては、顔立ちや肌が綺麗であることは、とても憧れであり、理想でもあります。個人的にも、いつも綺麗でありたいとは考えているのですが、なかなか簡単なことではありません。また、理想を求めて整形をしているという人も珍しくはありません。二重まぶたや鼻、小顔などはもちろんエラ削りをされているという方もいます。小顔に憧れていることからエラが張っていると、どうしても女性らしい小顔を目指すことは難しいという部分も出てきてしまいます。エラ削りをすることによって、自分の理想に近づくことができるのであれば、整形することを考えるという方も増えてくるのではないかと考えられます。ただ、費用の面もあるので、しっかりと計画性を持って行うことが必要です。

エラ削りの美容整形手術の種類

エラ削りをすれば、角ばったエラ骨がなくなりフェイスラインがシャープになります。エラ削りの美容整形は、耳の下あたりを切開してエラ骨の角と咬筋を削る手術と、口腔内を切開して咬筋を削る手術の二通りがあります。耳の下から切開するタイプはエラ骨を多く取れるというメリットがありますが、表側に手術跡が残るというデメリットがあります。口腔内から切開する手術は表側から切開する手術よりも削る骨の量が限られます。しかし、表側に手術跡が残らないというメリットがあります。どちらの手術も全身麻酔下で行われ、手術時間は60分ほどで終わります。手術後2時間程度安静にして麻酔が切れたら帰宅できます。手術から5日程度は患部に包帯を巻いて圧迫しておく必要があります。その間は口が開かない状態になるので、食事は流動食で済ませます。